吉祥寺・井の頭公園の貸しギャラリー

国に知られることのないストリートチルドレン

 

●開催日時
2021年02月09日(火) 〜 2020年02月14日(日)
11:00 〜 19:00 (最終日は17:00まで)

 

●展示タイトル
国に知られることのないストリートチルドレン

 

●展示概要
ラオスのとある街で出会ったストリートチルドレンを追った写真展です。
皆さまのご来館お待ちしております。

〜ステートメント〜

初めてラオスを訪れ、2つ目の街として辿り着いた北東部に位置する小さな街シェンクワン。

そこで数人のストリートチルドレンに出会った。

このとき僕は、この先も色々な都市を回り続ければ、ラオスには当たり前のようにある光景かと思っていた。

しかし、ラオスを旅しストリートチルドレンに出会ったのは、結局この街だけであった。

首都ビエンチャンに着いたとき、国営の観光案内所を尋ねると日本人スタッフの方が居た。

ラオスについて色々と尋ね、最後に一番気になっていたストリートチルドレンのお話を聞いた。

「最後にストリートチルドレンについてお伺いしたいのですが……」と尋ねはじめると…シェンクワンの名前を出す前にスタッフの方は、

「この国にはストリートチルドレンはいませんよ!何故だか分かりますか?」と逆に尋ねられてしまった。

正直、僕は戸惑った……

「この国は農業国だから食べ物に困らないのです。だからストリートチルドレンは生まれないのです。」と言っていた。

僕は、確かにシェンクワンでストリートチルドレンに出会った。何故、あの子たちは国に認識をされていないのだろうか?

とっさに僕は、シェンクワンでストリートチルドレンに出会った事を伝えた。

スタッフの方はとても驚いていた。ストリートチルドレンが居るはずがないと……

あの子たちには何か深い事情があるのか?それとも、国は見て見ぬ振りをしているのか?僕はこの子たちの存在が気になって仕方なかった。

国に知られる事の無いストリートチルドレンがここには居る。

僕は驚きと寂しさがこみ上げて来た。

何故食べ物に困らないこの国で、毎日食べ物を求め夜彷徨う子供たちが生まれてしまったのか?

路上で寝ないといけないのか…

その現実が知りたくなった。

翌年、僕はこの街を再び訪れた。

そこには衝撃的な現実があった。

路上で暮らす子供たちの両親は薬物中毒だった…

そして、ストリートチルドレンの数は前の年より増えていた。

なぜ、この街だけストリートチルドレンが増え続けるのか?薬物中毒が生まれるのか…

そして、この子たちが毎日どう暮らし、どう成長していくのか…

僕は毎年この地を訪れ撮影をし続け、複雑な家庭環境を追い続けている。

子供たちは年々、それぞれの道へと進んでいる。

ある子は、家と食べ物を与えてもらい、養殖魚の世話。給料は出ない。

ある子は、薬物に手をだしてしまい刑務所にはいってしまう。

ある子は、逃げ出した家に引き戻されてしまう。

この先、子供たちにはどんな未来が待っているのか僕は見届けたいと思う。

 

●作家プロフィール
神永 悦史 (かみなが えつし)
栃木県生まれ
駒澤大学歴史学科考古学専攻卒業

2006年 JATA世界スマイルフォトグランプリ2006 月間賞受賞

2006年 JATA旅博2006 入賞作品展示会

2007年 三鷹駅前9㍍幕写真提供(カンボジア写真)

2008年 三鷹駅前9㍍幕写真提供(イタリア写真)

2009年 カンボジアの子供たち 個展開催 吉祥寺

2009年 オーバーザボーダー写真展 下北沢 来場者投票1位獲得(カンボジア写真)

2011年 三井住友海上保険海外保険にブログの記事を提供(インド編)

2012年 高橋歩プロデュース 人生で最高の1日コンテスト入賞(カンボジア写真&文章)

2012年 「人生で最高の1日」サンクチュアリ出版

2012年 ベトナム写真展 from 4 eyes グループ展 吉祥寺

2014年 第15回上野彦馬賞 入賞

2014年 上野彦馬賞入賞作品展示会 北海道 / 東京 / 福岡 / 長崎 / 鹿児島

2015年 コニカミノルタフォトプレミオ入賞

2015年 国に忘れられた子供たち 個展開催 (新宿コニカミノルタプラザ)

2015年 ラオスフェスティバル写真公募展 最優秀賞

2015年 ラオスフェスティバル写真入賞作品展示会

2016年 第17回上野彦馬賞 入賞

2016年 上野彦馬賞入賞作品展示会 東京都写真美術館 他 北海道  / 福岡 / 長崎 / 鹿児島

​2016年 TAIWAN PHOTO 2016 展示会

2017年 トウキョウドキュメンタリーフォト2017 展示会 東京 / 名古屋

2017年 学研 『CAPA』 6月号 ドキュメンタリー写真家のメッセージ 安田夏津紀さん対談

​2017年 fotofever  フランス・パリ

2018年 岩波書店 『世界』 2018年1月号 グラビア掲載 「戦争が残したもの ラオス・シェンクワンより」

2018年 トウキョウドキュメンタリーフォト2018 展示会 キチジョウジギャラリー

​2018年 戦争が残したもの 個展開催 (銀座ニコンサロン / 大阪ニコンサロン)

2019年 戦争が残したもの・続 個展 キチジョウジギャラリー

 

●作家Webページ
https://etsushi824.wixsite.com/photo-etsushi

 

●会場詳細
キチジョウジギャラリー
ギャラリーHP:http://kichijojigallery.com 
東京都三鷹市井の頭3-32-16セブンスターマンション105
アクセス:JR中央線 / 吉祥寺駅徒歩9分
.     京王電鉄井の頭線 / 井の頭公園駅徒歩1分

Copyright © 2021 キチジョウジギャラリー. All rights reserved.